明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
コロナウイルス禍の中、早々と毎年1月に行われている全国居合道中国地区連盟主催の、厳島神社奉納演武会が、感染防止対策のため神社からの要請で中止と決まりました。
 広島市は感染者が急増しているため、公共施設の閉鎖が続き真武会が日頃稽古に使用させていただいているスポーツセンターも、当初は1月3日までの予定であった休館措置が17日まで延長となりました。
そのため新年の稽古始めは1月24日となっていますがこれもどうなる事か不安です。
1日も早い終息を願って、お互いが感染防止対策に努め、自粛した生活を送りましょう。

 11月3日、待望の居合道大会が開催されました。コロナ禍のため今年初めての大会であり、同時に今年最後の行事でもありました。昇段審査を受審したものは、努力の甲斐あって全員が無事合格できました。
来年こそは、全国大会をはじめとしてすべての行事が中止になることなく開催できることを祈ります。
演武写真 001 (2)

 いよいよ11月3日文化の日に居合道大会が開催されます。新型コロナウイルスのせいで、これまですべての行事が中止を余儀なくされてきました。今回も内容を縮小し、段別優勝大会は二段・三段の部だけ、道場別団体演武などは取りやめとなり、演武披露と昇段審査のみとして時間を短縮し、お昼頃には終了の予定です。
それでも久々の大会開催であり、昇段審査に臨む者は皆いつも以上に真剣に稽古に励んでいます。居合道は日本刀を使用しているため、ソーシャルディスタンスは万全です。
 会場は、広島県立体育館(グリーンアリーナ)武道場、9時からです。興味のある方はぜひ見学においでください。ただしマスク着用・感染防止対策は入念に。

↑このページのトップヘ